定番!ごぼうのきんぴら

移転後の、記念すべき初投稿は
私が初めて火と包丁を使って作った料理 。

ねこの手よ!と母に怒られながら
ごぼうと人参を必死に切ったのを思い出す一品です。

ということでごぼうのきんぴら

たしか7歳か8歳くらいの時
(当時は1時間以上かかりましたが)
料理に慣れた大人であれば
30分もあれば他の料理をしながらでも作れます。

とても簡単なので初心者にもおすすめ

【材料】4人分

 ごぼう············1本
 にんじん………1/3本
 サラダ油 ……… 大さじ2
 豚ひき肉………100g
□砂糖……………大さじ2
□酒………………大さじ3
□水………………50cc
□ ほんだし………少々
■しょうゆ………大さじ3
■ごま油…………適量

①ごぼうを千切りあるいはささがきにして水にさらす。

②にんじんを千切りにする。

③鍋にサラダ油を敷き、ひき肉をパラパラに炒める。

④ごぼうの2分ほど炒めるとごぼうの表面が
半透明になってくるので、そこでにんじんを加え
さらに2分程度炒める。

⑤□を加えてさっと混ぜ、5分炒める。

⑥醤油を加えて味を調え、焦がさないように
混ぜながら弱火で余分な水分を飛ばす。

⑦ごま油を回し入れて香りを付けたら完成。

お好みで鷹の爪を加えて、ピリ辛きんぴらを
お楽しみください!

鷹の爪は、加えるタイミングによって
辛さをコントロールできます。

辛めにする場合は❸のタイミング、
辛さ控え目は❺のタイミングがおすすめです。

作り置きにもピッタリなおかずですよ♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です