混ぜたら完成!レアチーズケーキ

甘味もたまには…ということで、
レアチーズケーキです。

私自身が甘いものよりしょっぱいものが好きでお酒も大好きで…
おつまみはあれこれ考えたり、せっせと試作したりしてるのに
なかなか、デザートは作らないのですが(笑)

一応、子どもの頃はケーキ屋さんやパン屋さんに憧れて
ケーキやタルト、菓子パン、クッキーなどいろいろ作っていました。

学生のときはバレンタインや誰かの誕生日には大きなタッパーいっぱいに
クッキーやらカップケーキやらチョコやらつくってみんなに配っていました。

【材料】5cm×3cm×3cmが12個分

◎フィリング
クリームチーズ・・・・・・200~250g
生クリーム・・・・・・・・200cc
ヨーグルト・・・・・・・・450g
塩・・・・・・・・・・・・ひとつまみ
砂糖・・・・・・・・・・・50g
レモン・・・・・・・・・・1/2個
ゼラチン・・・・・・・・・7~10g
水・・・・・・・・・・・・大さじ2
◎ナパージュ(省いてもOK)
いちごジャム・・・・・・・大さじ2
◎ビスケット生地
ビスケット・・・・・・・・100g
バター・・・・・・・・・・50g
ブランデー・・・・・・・・小さじ2

【準備】

①作り始める2時間くらい前に、ザルにクッキングタオル(ペーパー)かガーゼをしいて、
ヨーグルトに塩を入れ混ぜたものを入れて冷蔵庫で寝かせておく。
 俗に言う水切りヨーグルトを作ります
 重さにして250gくらいに水を切ります

②レモンを絞り、皮はよく洗って、小さじ1/2すりおろす。

③バターを電子レンジにかけて溶かす。

④ビスケットをビニール袋に入れ、
麺棒でたたいたり、のしたりして砕く。

⑤ある程度細かく砕けたら、バターとブランデーを
袋の中に加えて、袋の上から手で揉みこむ。

⑥型の底に❺のビスケット生地を固く敷き詰め、
冷蔵庫に入れて固めておく。
 型は丸でも四角でも問題ありませんが、
  底のぬける仕様のものにします。
 ビスケットを敷き詰めるときは、空き瓶の底や
  麺棒を縦にして押しつぶすように固めると
  きれいに平らにしやすいです。

【フィリング(中身)を作る】

①クリームチーズを電子レンジで30秒加熱する。途中で一度混ぜる。

②ボウルに2のクリームチーズと砂糖をいれなめらかになるまで混ぜる。

③生クリーム、レモン汁、おろしたレモンの皮を加え、さらに混ぜ合わせる。

④ゼラチンに水を加えてふやかし、電子レンジで15秒くらい温めて溶かす。

⑤いちごジャムに水を小さじ1と❹のゼラチン液を小さじ1弱加えて伸ばしておく。
 ナパージュ(もどき)の準備です。
 飾りなのでなくてもokですよ。

⑥残りのゼラチン液を❷のクリームに加えて
ムラの無いように混ぜ、冷蔵庫で固めておいた
ビスケットを敷いた型に生地を流し込む。

⑦冷蔵庫で1時間ほど冷やして固める。

⑧クリーム生地が固まったら、❼のナパージュ(ジャム)を表面に塗って、
再度冷蔵庫に入れてしっかり冷やして固める。
 常温に置いておいても、冬やクーラーのきいた部屋だと
  ナパージュ用のゼラチン入りジャムが固まってしまうことも
  多々あります。そんな時は慌てずに、再度電子レンジで
  少し温めて溶かし、人肌に冷ましたものを塗ります。
  (逆に固まりにくくなるので沸騰させないように注意してください)

固まったら型から外して召し上がれ!

紅茶やコーヒーと一緒に、休日の昼下がりに
おうちCaféの時間をお楽しみください!!!

あ、そうそう、
今回のチーズケーキはプルプルとやわらかめなので、
底が抜ける仕様の型を使用することをお勧めしていますが、
実は我が家には底の抜ける型はありません(笑)

牛乳パックを加工して、型にしています。

牛乳パックで作るケーキ型は別途記事にする予定なので
そちらをチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です