正月気分を少しずつ抜いていかないと
週明けからの仕事に支障が…

映画三昧の連休でしたが
インターステラーの面白さが
尋常ではなく興奮が止まない
かりそなのでした。

IMG_20190102_155253

☆一番出汁のとりかた
【材料】
水・・・・・・2,000cc
昆布・・・・・2枚
鰹節・・・・・20g

1.お鍋に水を張り、昆布を浸す。
30分から1時間程度放置する。

2.鍋を火にかけ、沸騰直前まで加熱。
鍋底に細かい気泡が揺れ動いてきたら
火を止め、昆布を取り出す。

3.昆布を取り除いた出汁を
再度火にかけ沸騰させる。

4.鰹節を入れて30秒くらい待つと
沈んでいくので、火を止め、こす。


この出汁を使って、お煮染めや
お雑煮を作ったり、数の子を漬けたり
年越しそばのお汁にしたりします。

我が家のお雑煮は、関西風らしいです。
家によってお雑煮の見た目が違うのが
面白いですよね。

☆(我が家の)お雑煮の作り方
【材料】2人分
①一番出汁・・・・・300cc
①水・・・・・・・・200cc
①塩・・・・・・・・小さじ1/2
①醤油・・・・・・・大さじ1 
②松竹梅鶴亀(お煮染めより)
②糸三つ葉・・・・・4〜6本
②餅・・・・・・・・好みの量

1.①の材料を全て小鍋に入れて
火にかけ、温める。

2.餅を焼くか突くか、
食べられる状態のものを
お椀の中央に置き、お煮染めから1つずつ
松竹梅鶴亀を美しく並べる。

3.糸三つ葉を結び、①の出汁を
静かに注いで完成。


柚子の皮を細かく千切りしたものや
かまぼこの薄切りなどをお好みで
入れても美味しいです。