モテるためには料理!?

誰でも楽しく簡単に!豪華に見えるおうちごはん。 ゆるく楽しく、豆知識も折り込みながら更新します。

どうも、昨日は一日中寝込んでいました。
世間ではインフルエンザがパンデミックを起こしていますが
インフルでもノロでも風邪でも腰痛でもありません。
二日酔いです。

久しぶりに二日酔いで一日を無駄にしました。笑
なかなか二日酔いしない体質の為
たまになると、「あぁ、死ぬのかな」と
弱気になります笑

そんな二日酔いの私がお送りする本日の一品は
こちら↓の“かきたまうどん”です。

特に二日酔いの時に作ったわけではありませんが・・・
きちんと出汁をとったりもせず、
10分程度の簡単ランチです。

ただし、消化が良いためすぐにお腹がすきます笑

IMG_20181230_153756

【材料】2人分
水・・・・・・・・・・・・600cc
ほんだし・・・・・・・・・小さじ1/2
めんつゆ・・・・・・・・・大さじ3
醤油・・・・・・・・・・・大さじ2
大根・・・・・・・・・・・20g
にんじん・・・・・・・・・10g
冷凍うどん・・・・・・・・2玉
卵・・・・・・・・・・・・2個

1.大根と人参をいちょう切りにする。

2.鍋に水とほんだし、大根、ニンジンを入れて
火にかけ沸騰させる。

3.沸騰したらめんつゆと醤油を加えて味を調える。

4.冷凍うどんを電子レンジで30秒ほど温めて
軽く解凍する。

5.鍋に冷凍うどんを投入して再沸騰させ、
お使いの冷凍うどんの表記に従った分数加熱する。

6.溶き卵を細く鍋肌から回し入れて火を止め完成。


大体の冷凍うどんはお湯で1分程度で
食べられるものが多いですね。

電子レンジで解凍してから使うと
うどんの表面にざらつきが出にくく、
つるっとこしの強い麺を維持できますよ!


豚肉やかまぼこ、長ネギなどと一緒に
煮込むのもお勧めです。



主人の会社に、お歳暮として
沢山の自然薯が送られてきたらしく
我が家にも1本、大変ありがたく
頂戴いたしました。

ですから、正確には長芋では
ないのですが(笑)

長芋でも、山芋でも、自然薯でも
同じ様に作れますので
みなさんもぜひチャレンジ
してみてくださいね💕

IMG_20181231_204154

【材料】500ccタッパー1つ分
長芋・・・・・・・・・・250g
醤油・・・・・・・・・・大さじ3
酒・・・・・・・・・・・大さじ1
おろしわさび・・・・・・小さじ1
ほんだし・・・・・・・・少々

1.長いもの皮をむいて表面のぬめりを
冷たい水で洗い流す。

2.一口大にカットする。

3.ボウルに調味料をすべて入れて
よく混ぜ溶かす。

4.あわせ調味料にカットした長芋を入れて
長芋全体に味が馴染むように混ぜる。

5.冷蔵庫で1時間ほど寝かせたら完成。



最初からタッパーを使って漬けようとすると
漬かり方にムラができるので
水漏れのしないパウチ袋に入れて
空気を極限までに抜いて寝かせるといいですよ。


ムラができててもそれもまたおいしいので
見た目が気にならなければ最初から
タッパーを使用してもらってもいいと思います。

というか私は毎回タッパーで作ってしまいます笑


急におうちにお客様が!という
ピンチにも十分に対応してくれる
優秀なおつまみです。

きざみ海苔、青のり、いりごまなどで
飾ってあげるとより見栄えもアップしますよ。



お正月には毎年おせちづくりをしますが、
様々な食材を買いそろえ作るはいいものの、
毎年中途半端にその材料が余るんですよね笑

今回のパスタもそんなあまりもので
作っていますよ。

そして新発見なのが、
タラコや明太子より、とびっこのほうが
手間もかからずおいしくできるということ‼‼‼

タラコや明太子より粒が大きいので
よりプチプチを楽しむことができるうえ、
薄皮からはがしてほぐす作業が
必要ないんですね。

なぜこれまで気づかなかったんだろう~笑

IMG_20190113_141326

【材料】2人分
オリーブ油・・・・・・・・・大さじ2
にんにく・・・・・・・・・・2かけ
鷹の爪・・・・・・・・・・・1本分
レンコン・・・・・・・・・・80g
オクラ・・・・・・・・・・・4本
スナップエンドウ・・・・・・4本
とびっこ・・・・・・・・・・20g
塩・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
酒・・・・・・・・・・・・・大さじ2
醤油・・・・・・・・・・・・大さじ2
ほんだし・・・・・・・・・・小さじ1/2


1.にんにくをみじん切りに、レンコンは
薄く輪切りに、スナップエンドウとオクラは
斜めに一口大にカットしておく。
レンコンは水にさらしてあく抜きをしておく。

2.フライパンにオリーブオイルをしき、
にんにくと鷹の爪を香りが出るまで炒める。

3.レンコンを加えて火が通るまで1~2分炒め、
続けてオクラとスナップエンドウも加えて
ほんだし、塩、酒で下味をつけ
1分程度弱火で炒める。

4.パスタが茹であがったらゆで汁をお玉一杯分
(約90cc)とパスタ、とびっこを加えて
数回煽って余分な水気を飛ばして完成。


材料には載せていませんが、
カブの葉をみじん切りにしたものも
私は入れています。

何となく感じる青臭さが
いいアクセントになっておいしかったです。


トッピングは万能ねぎ、いりごま、
青しそ、きざみ海苔あたりが
おすすめですよ~!!!

今日は花の金曜日!
寒ーいところから出張帰りですが
主人と飲みに行ってこようと思います。
(帰りは荷物もってもらおう←)



茹でた白菜を辛子醤油で
あえるだけの簡単一皿💕

茹でずにそのまま和えても
美味しいですよー!

IMG_20190114_142414

【材料】2人分
白菜・・・・・・・・5枚
練り和辛子・・・・・小さじ1/2
醤油・・・・・・・・大さじ2
味覇・・・・・・・・小さじ1/2
お湯・・・・・・・・大さじ1 

1.お湯を沸かし、白菜を30秒ほど茹でる。

2.ザルに上げて冷水に晒し、
水気をよく絞る。

3.ボウルに調味料を入れて溶かし、
ぶつ切りにした茹でた白菜を
入れてよく和える。



トッピングは青のりといりごまで!
青のりが想像以上によく合うので
皆さんお試しあれ〜!



辛いもの好きに朗報!
お家で簡単にできる、
ユッケジャンスープです。

ご飯を入れてクッパにするもよし、
ラーメンを加えて
辛ラーメン風にするもよし!

うどんやトック(韓国餅)も
もちろんよくあいますよ〜!


IMG_20181229_142824

【材料】2人分
ごま油・・・・・・・大さじ2
にんにく・・・・・・2かけ
生姜・・・・・・・・10g
キムチ・・・・・・・80g
牛or豚肉・・・・・・100g
大根・・・・・・・・50g
人参・・・・・・・・20g
しめじ・・・・・・・1/2パック
ニラ・・・・・・・・1/2束
水・・・・・・・・・800cc
味覇・・・・・・・・小さじ1/2
塩・・・・・・・・・小さじ1/2
胡椒・・・・・・・・少々
醤油・・・・・・・・大さじ1 
コチュジャン・・・・大さじ1 
鷹の爪・・・・・・・1本分
酒・・・・・・・・・大さじ1 
砂糖・・・・・・・・小さじ1 
豆板醤・・・・・・・小さじ2
味噌・・・・・・・・小さじ2
卵・・・・・・・・・1こ


1.にんにく、生姜をみじん切りに、
大根、にんじんをいちょう切りに、
しめじは石づきを取って洗い、
ニラは、3cm程度の長さに切る。
肉は一口大に切っておく。

2.鍋にごま油、にんにく、生姜、
鷹の爪を入れて香りが出るまで炒める。

3.肉とキムチを入れて
半分くらい火を通したところで
塩、胡椒を振って下味をつける。

4.水以外の調味料を加えて溶かし、
水と大根、人参を入れて沸騰させる。

5.沸騰してから弱火にし、
しめじを加えて約3分煮込む。

6.最後にニラを加えて再沸騰させ、
火を止めたら溶き卵を細く鍋肌から
回し入れて完成。


刻みネギやチーズをトッピングしたり、
豆板醤やコチュジャンを足して
更に辛くしたり!

私は辛いものが大好きなので
豆板醤は大さじ1〜2くらいまで
増量しちゃいます(笑)





旬・・・ではありませんが、
とてつもなく安く手に入ったので
贅沢に使ってあえ物にしました♡

からし和えはからしの風味が少し
残るくらいのものが好きな方と、

私のように鼻に抜けていく辛さが
がっつり残ったものが好きな方
がいるかと思います。

特に塩気についてはからしの量で
変わったりはしませんが、
香辛料は塩味を強く感じさせる
効果もあるので、辛めにしたほうが
若干減塩だったりするみたいですよ。


IMG_20190107_220724

【材料】2人分
菜の花・・・・・・・・200g
醤油・・・・・・・・・大さじ2
練り和からし・・・・・小さじ1
鰹節・・・・・・・・・3g

1.鍋に水をはって塩を小さじ1程度(材料外)
入れて火にかけて沸騰させる。

2.お湯が沸いたら菜の花の茎のほうから
入れて全体を浸し、再沸騰してきたら火を止めて
菜の花をザルに上げて冷ましておく。

3.ボウルに醤油と練りからしを入れて
からしを溶かすように混ぜ合わせる。

4.菜の花の水気を絞り、
一口大(2~3cm)に切りそろえて
③のからし醤油と鰹節を加えて混ぜる。


お酢を少し入れても美味しいです。
トッピングはいりごま、鰹節、
追い辛子、ラー油、ごま油
などが合います💕


菜の花はほぼ生めに茹でるのが
オススメですよ〜!
さっと湯通しするくらいでokです!


適当に作ったこれがあまりにもおいしかったので
テンション上がりすぎてどうにかなりそうです。笑

日本酒はもちろん、焼酎、白ワインにもあいますよ。

混ぜ混ぜするだけなので、時間もかからず
とても簡単に飲めます、あ、間違えた、作れます。


IMG_20190108_214858

【材料】2人分
お好みの海鮮・・・・・・・・350g位
 蒸しだこ・・・・・・・120g
 ホタテ・・・・・・・・100g
 サーモン・・・・・・・120g
 とびっこ・・・・・・・  10g
長ネギ・・・・・・・・・・・10cm
塩・・・・・・・・・・・・・ひとつまみ
醤油・・・・・・・・・・・・大さじ2
ほんだし・・・・・・・・・・ひとつまみ
わさび・・・・・・・・・・・小さじ1/2
はちみつ・・・・・・・・・・1g
酒・・・・・・・・・・・・・大さじ1

1.海鮮を一口大に切り分ける。

2.ボウルに調味料をすべて入れて
固形物を溶かす。

3.合わせ調味料に海鮮を入れて
全体に味が馴染むようによく混ぜる。

4.長ネギをみじん切りにし、
海鮮とサッと混ぜ合わせて完成。



白いりごまや大葉を加えると更に
風味がましておいしいです。

主人は白いご飯に
たっぷり乗せて食べていましたよ。

イカやアジ、マグロやカンパチ
今の時期だと旬の寒ブリなどで
試してみてくださいね。

ツブツブの魚卵と、
脂の乗ったお魚、少し淡白な白身魚や
イカ・タコ、味にコクを持たせる貝類を
バランスよく混ぜるのがお勧めです。

トッピングはネギ、大葉、いりごま
カイワレ、ミョウガ、生姜、ラー油など
結構なんでもあいます。

お好みにアレンジしてみてくださいね。




酢の物が苦手な夫氏ですが
コレは好きなようです。

甘くしすぎず、酸っぱくしすぎない
塩気が好きみたいです。

柚子を入れたので鼻に抜ける
ツーンと感も和らいでいたのが
なお良かったのかもしれません。

IMG_20190102_155120

【材料】700ccタッパー1つ分
大根・・・・・・・・6cm
にんじん・・・・・・4cm(大根の2割程度)
塩・・・・・・・・・小さじ1 
柚子・・・・・・・・少々
鷹の爪・・・・・・・1/2本
酢・・・・・・・・・120cc
砂糖・・・・・・・・大さじ3
水・・・・・・・・・50cc

1.大根と人参を千切りにする。
☆人参を気持ち細くすると
 見栄えが良くなります。

2.千切りした大根と人参をザルに入れ
塩を全体に揉み込み馴染ませる。

3.10分程度置くとしんなりして
水が出てくるので、
絞ってタッパーに入れる。

4.柚子の皮をよく洗い、
5〜10グラム程度を薄く千切りにする。

5.酢、砂糖、水を合わせた物に、
柚子の皮、鷹の爪を入れ、
大根と人参の入ったタッパーに注ぐ。

6.3〜4時間漬けたら完成。


お酢は米酢を使うとマイルドに、
穀物酢を使うと少し尖った味になります。

冷蔵保存で約1週間保ちます。






コリコリプチプチが美味しい
数の子は大好物!

お値段がちょっとはるので
きれいな形のものではなくキズ物
として売られているのを使います(笑)

IMG_20190102_155141

☆塩抜きの仕方
【材料】塩漬け数の子500 g分
水・・・・・・・・・1,500cc
塩・・・・・・・・・小さじ1/2

1.数の子を水洗いして表面の塩を落とし、
塩を溶かした水に漬ける。

2. 一晩つけ置き、好みの塩気に
落ち着いていたら塩抜きの完了。


☆一手間で美味しく出汁醤油漬けに
【材料】塩漬け数の子500 g分
一番出汁・・・・・・700cc
醤油・・・・・・・・大さじ1 
塩・・・・・・・・・小さじ1 

1.数の子の塩抜きを上記の通り行い、
味薄めに仕上げる。

2.一番出汁をよく冷ました物に
醤油と塩を溶かし、①を
4〜8時間程度漬け込む。


お醤油を入れすぎると数の子が
黒くなってしまうので、味の濃さは
塩で調整します。


塩抜きをしただけでも
十分美味しいですが、
せっかくなのでひと手間加えて
楽しみましょう💕



年末年始で確実に
胃が大きくなったかりそです。

ダイエットしなければ〜

IMG_20181222_135203
【材料】2人分
オリーブ油・・・・・大さじ2
にんにく・・・・・・2かけ
鷹の爪・・・・・・・2本分
ササミ・・・・・・・2本
かいわれ・・・・・・1パック
塩・・・・・・・・・小さじ1/2
胡椒・・・・・・・・好みの量
酒・・・・・・・・・大さじ1 
醤油・・・・・・・・大さじ2

1.にんにくをスライスし、
ササミは一口大にカットしておく。

2.フライパンにオリーブオイルをしき
にんにくと鷹の爪を香りが出るまで炒める。

3.ササミを投入して表面に焼き目をつけ、
酒、塩、胡椒を加えて下味をつける。

4.パスタの茹で汁お玉1杯(約90cc)
を入れて乳化させ、
醤油を加えて味を整える。

5.茹で上がったパスタとかいわれを入れて
数回煽り余分な水分を飛ばし
ソースを絡めたら完成。


ヘルシーなササミ肉と黒胡椒、
かいわれのピリッとした香りが
たまらなく美味しい!

醤油をポン酢に変えても
美味しいですよ💕


主人はコレを、
「無限ごはん」と呼びます。

出汁をとったあとの出がらしは
どうしても捨てがちですが
昆布の佃煮はご飯がもりもり
進むので絶対作ったほうがいいですよ!

鰹節の出がらしより簡単で
楽ちんに作れるのでオススメです。

IMG_20190101_115416
【材料】
昆布の出がらし・・・・・3枚
一番出汁(又は水)・・・50cc
塩・・・・・・・・・・・小さじ1/2
砂糖・・・・・・・・・・大さじ1
酒・・・・・・・・・・・大さじ1 
醤油・・・・・・・・・・大さじ3

1.昆布の出がらしを細かく刻む。

2.小鍋に材料を全て入れて、
弱火でじっくり煮込む。

3.時折ヘラで混ぜながら
水分を飛ばしたら完成。


無限ごはん、
いいネーミングセンスですわ〜

あー、仕事復帰できる気がしない(笑)



正月気分を少しずつ抜いていかないと
週明けからの仕事に支障が…

映画三昧の連休でしたが
インターステラーの面白さが
尋常ではなく興奮が止まない
かりそなのでした。

IMG_20190102_155253

☆一番出汁のとりかた
【材料】
水・・・・・・2,000cc
昆布・・・・・2枚
鰹節・・・・・20g

1.お鍋に水を張り、昆布を浸す。
30分から1時間程度放置する。

2.鍋を火にかけ、沸騰直前まで加熱。
鍋底に細かい気泡が揺れ動いてきたら
火を止め、昆布を取り出す。

3.昆布を取り除いた出汁を
再度火にかけ沸騰させる。

4.鰹節を入れて30秒くらい待つと
沈んでいくので、火を止め、こす。


この出汁を使って、お煮染めや
お雑煮を作ったり、数の子を漬けたり
年越しそばのお汁にしたりします。

我が家のお雑煮は、関西風らしいです。
家によってお雑煮の見た目が違うのが
面白いですよね。

☆(我が家の)お雑煮の作り方
【材料】2人分
①一番出汁・・・・・300cc
①水・・・・・・・・200cc
①塩・・・・・・・・小さじ1/2
①醤油・・・・・・・大さじ1 
②松竹梅鶴亀(お煮染めより)
②糸三つ葉・・・・・4〜6本
②餅・・・・・・・・好みの量

1.①の材料を全て小鍋に入れて
火にかけ、温める。

2.餅を焼くか突くか、
食べられる状態のものを
お椀の中央に置き、お煮染めから1つずつ
松竹梅鶴亀を美しく並べる。

3.糸三つ葉を結び、①の出汁を
静かに注いで完成。


柚子の皮を細かく千切りしたものや
かまぼこの薄切りなどをお好みで
入れても美味しいです。




明けましておめでとうございます💕

年末年始のお休みで
ダラダラしすぎて身体が痛いかりそです。

年末30日、31日で
頑張りすぎずダラダラと
お節を作るのが毎年の恒例に
なっています。笑

中でもお煮染めは
一つ一つ丁寧に飾り切りをして
一つ一つそれぞれ煮込みますので
時間がかかりますが年に一度
ゆったり時間が流れる年末に
無心で作業するのも楽しみの一つです。
IMG_20190101_121731

ごぼう(松)
 皮を削ぎ落とし、5cmの長さに
 カットしたものを縦に薄切り
 にしたものを真ん中に1本
 切れ込みを入れることで
 松の葉を表します。
たけのこ(竹)
 そのまま、筍(笑)
にんじん(梅)
 5枚の花びらを持つ梅の花をモチーフに
 人参をカットしていきます。
 鮮やかなオレンジ色を残すように
 柔らかく甘めに煮込みます。
鶏肉(鶴)
 甘めに煮込むのが好きです。
 照り焼きにしてもいいかも。
しいたけ(亀)
 亀の甲羅をイメージしています。
 ちなみに、夫のほうが
 しいたけの飾り切りは上手です(笑)
れんこん(蓮)
 穴と穴の間に切れ込みを入れて
 お花の形に整えます。
 水に少量の酢を入れたものに
 漬けておくと黒くなりません。
 
煮るときは一番出汁と、砂糖、酒
塩、醤油でシンプルに煮込みます。

それぞれの食材に合わせて
色味を残したい人参とれんこんは
醤油少なめに塩で味付けをし、
逆に黒くなってもokな
ごぼうやしいたけは醤油多めで
煮込んだほうが美味しいしおすすめです。

IMG_20190102_155052
お皿に盛るのもかわいいお節!
みなさんも挑戦してみてくださいね。

あとまだ数日、仕事初めまでありますが
サボりすぎたので頑張って更新します(笑)







今年の冬は暖かいな〜
と油断していたら、いきなり
凍えるような寒さが続いていますね。

特に、夜!
ほんっとうに寒い!!

せっかくバルコニーにテラスを
作りましたが、最近は寒すぎて
使ってません(笑)

じゃがいもの皮剥きが面倒な私は、
あまり肉じゃがを作りませんが
芋好きの主人のために、
肉ながを作りました(笑)


忘年会シーズンで疲れた胃や身体に
あたかかく、やさしーく、
染み渡る味わいですよ。

IMG_20181219_220515
【材料】4人分
サラダ油・・・・・・大さじ2
生姜・・・・・・・・20g
長芋・・・・・・・・300g
鳥ひき肉・・・・・・150g
人参・・・・・・・・40g
長ネギ・・・・・・・1本
えのき・・・・・・・1パック
砂糖・・・・・・・・大さじ2
酒・・・・・・・・・大さじ1 
ほんだし・・・・・・小さじ1/2
水・・・・・・・・・100cc
塩・・・・・・・・・小さじ1/2
醤油・・・・・・・・大さじ2

1.生姜をみじん切りに、
人参は1cm角のサイコロに
長ネギ、長芋、えのきは
一口大に切っておく。

2.鍋にサラダ油をしき、
生姜を弱火で熱して香りを出す。

3.鳥ひき肉を入れてヘラなどで
ある程度ほぐしながら炒める。
☆細かくしすぎると食べにくいので
 大雑把でokです

4.人参と長ネギの半量を入れて
更に1分炒め、長芋、えのき、
砂糖、ほんだし、酒を入れて
粘りが無くなるまで炒める。

5.塩と水を加えて約3分煮込む。

6.醤油を回し入れて味を整えたら
長ネギの残り物半量を入れて
しんなりさせたら完成。


長芋は火を通すと、じゃがいもと
里芋の間の子のような食感になります。

少し粘り気のあるしっとりした
ホクホク感がクセになりますよ。


鳥ひき肉と生姜を使うことで
食材それぞれの旨味を
最大限に引き出し
協調させることができます💕

豚バラや豚ひき肉で作ってみても
パンチが効いて美味しいですし、
鶏もも肉を使ってみても
全く違う味わいになります。

煮物は奥が深いですねぇ

牡蠣の旨味がギュッと凝縮した
クリームソースです。
今回は、牡蠣の表面を焼いたあと
少し煮込むので生食用でなくてもok です。

生牡蠣ももちろん大好きですが
生食用の牡蠣にサッと火を通した
半生の牡蠣が大好物です。


IMG_20181218_230202_1

【材料】2人分
オリーブ油・・・・・・・大さじ2
にんにく・・・・・・・・2かけ
牡蠣・・・・・・・・・・300g
小麦粉・・・・・・・・・大さじ4
玉ねぎ・・・・・・・・・1/2こ
ベーコン・・・・・・・・20g
小松菜・・・・・・・・・2株
しいたけ・・・・・・・・2こ
塩・・・・・・・・・・・小さじ1/2
胡椒・・・・・・・・・・少々
酒・・・・・・・・・・・大さじ1 
牛乳・・・・・・・・・・500cc
コンソメ・・・・・・・・小さじ2
バター・・・・・・・・・大さじ1 


1.牡蠣を水洗いし、キッチンペーパーで
水分を拭き取ったら、小麦粉をまぶす。

2.にんにくをみじん切りにし、
玉ねぎ、ベーコン、しいたけを
スライスして小松菜はぶつ切りにしておく。

3.フライパンにオリーブオイルをしき、
にんにくを弱火で炒めたら
牡蠣の表面を焼く。

4.玉ねぎ、しいたけ、ベーコンを入れて
塩、こしょうで炒め、小松菜の
茎側半分を炒める。

5.酒、コンソメ、バターを入れて
バターを溶かし、牛乳を
少しずつ加えてとろみが出るまで
弱火にかける(2分くらい)

6.茹で上がったパスタを入れて
絡ませたら完成。


牡蠣に小麦粉をまぶして
一度焼き目をつけるのは、
ソースが絡みやすくなり、
ホワイトソースを別に作らなくても
とろみのある出来になるからです。

小さな一手間で大きな手間を省ける
一石二鳥の小技ですよ〜💕



ピーマン嫌いも克服できるか!?
ってほど美味しいです

ピーマン嫌いだったときがないので
分からないですけど(無責任)

ピーマンの青臭さが
全ていい方向に向いてくれて
完璧な炒め煮です。

ピーマンの大量消費にどうぞ!

IMG_20181219_210129
【材料】2人分
ピーマン・・・・・・5
にんじん・・・・・・10g
ごま油・・・・・・・大さじ1 
塩・・・・・・・・・ひとつまみ
ほんだし・・・・・・ひとつまみ
はちみつ・・・・・・小さじ1/2
酒・・・・・・・・・大さじ1 
醤油・・・・・・・・大さじ2

1. ピーマンと人参を千切りにする。

2.鍋にごま油をしき、人参を
弱火で1分炒める。

3.ピーマンを入れて更に2分炒める。

4.はちみつ、酒、ほんだしを加えて
馴染ませ、塩と醤油を加えて
味を整えたら完成。


水が出ないので、
お弁当のおかずにおすすめです。

いりごまをパラパラと
トッピングしてあげるといいですよ。


ちなみにこのきんぴら、
卵かけご飯にとてもあいます。
想像の斜め上を行く相性なので
皆様是非お試しください。






Xmas感がゼロの私達夫婦は
クリスマス・イブの夜に
やっすい居酒屋でいつもどおり
焼き鳥を頬張り、もつ煮をすすりながら
芋のお湯割りで温まっていました(笑)


そんな、(良く言えば)
流行りに流されない私達ですが
たまにはオシャレなこともします。


見た目だけオシャレ。
本当は全て残り物(笑)


IMG_20181217_225941

【材料】20cmキャセロール1台分
にんにく・・・・・・・2かけ
ベーコン・・・・・・・20g
玉ねぎ・・・・・・・・1こ
オリーブ油・・・・・・大さじ2
にんじん・・・・・・・30g
しめじ・・・・・・・・1/2パック
にんにくの芽・・・・・5本
塩・・・・・・・・・・小さじ1/2
酒・・・・・・・・・・大さじ1 
胡椒・・・・・・・・・少々
コンソメ・・・・・・・小さじ2 
醤油・・・・・・・・・大さじ2
バター・・・・・・・・大さじ1
冷ご飯・・・・・・・・600g
ホワイトソース・・・・400cc
ミートソース・・・・・200cc
溶けるチーズ・・・・・50g
粉チーズ・・・・・・・15g
パン粉・・・・・・・・20g

1.にんにくをみじん切りにし、
玉ねぎ、ベーコン、しめじ、
にんじん、にんにくの芽は
1cm角に刻んでおく。

2.フライパンにオリーブオイルをしき
にんにく、ベーコン、玉ねぎを
香りが出るまで炒める。

3.人参としめじ、にんにくの芽を加えて
1分炒め、塩、酒、胡椒、コンソメ
醤油を入れて味を整える。

4.バターを溶かしてさっと混ぜたら、
冷ご飯を加えてヘラなどで
パラパラに炒める。(約5分)

5.ご飯に味が馴染んだら
キャセロールに平らに敷き詰め、
ミートソースを上からかける。

6.更に上からホワイトソースをかけ、
平らに均したら、溶けるチーズ、
粉チーズ、パン粉をふりかける。

7.オーブンの棚上段にセットし、
予熱なし200℃で10分焼いて
焦げ目をこんがりつけたら、
棚下段に移動させて更に
200℃で15分焼く。


ミートソースとホワイトソースは
別の記事で紹介しています。

トップの検索窓から
検索できるようになりました。



生の春菊をザクザク切って、
湯通ししたきのこと、マリネ液で
混ぜ混ぜするだけの簡単メニュー!

たとえ味付けが一緒でも
材料や少しの塩加減、お酢の量や
お酢の種類の違いで全く違う
味わいになる和え物は
作ってて楽しいです。

マニアックな料理の楽しみ方だと
言われますが…


IMG_20181217_225402

【材料】2人分
春菊・・・・・・・・・1束
しめじ・・・・・・・・1/2パック
なめこ・・・・・・・・1袋
にんにく・・・・・・・1かけ
塩・・・・・・・・・・小さじ1/2
酢・・・・・・・・・・小さじ2
醤油・・・・・・・・・小さじ1 
はちみつ・・・・・・・小さじ1/2
オリーブ油・・・・・・大さじ1 


1.沸騰したお湯に、石づきを取って、
好みの大きさにカットした
しめじとなめこを入れ、
再沸騰させた後約1分茹でる。

2.茹で上がったきのこをザルにあげ
水をよく切ったらボウルに入れ、
塩、酢、醤油、はちみつ、
オリーブオイルを入れてよく混ぜる。

3.にんにくをみじん切りに、
春菊を3cm幅にざく切りにし、
2のきのこマリネの中に入れて
よく混ぜ合わせる。



田舎に引っ越してきて、
お野菜とお魚の購入価額が下がりました。
お肉は高くなりました。

キッチンが広くなり、
コンロも1つ増え、冷蔵庫とシンクが
大きくなりました。

キッチンのレベルアップが
尋常ではありません(笑)

新居についてキッチンしか
見てこなかったからでしょうか。
(夫は建築家として
全体を見ていたようです)


明太子とじゃがいもの
シンプルなポテトサラダです。

日本酒の香りが明太子とジャストマッチ!
オトナな一皿です。

お子様に出すときは日本酒を
牛乳に変えるといいですよ。
IMG_20181216_235914

【材料】2人分
じゃがいも・・・・・・・5こ
明太子・・・・・・・・・1/2腹
塩・・・・・・・・・・・小さじ1/2
胡椒・・・・・・・・・・少々
マヨネーズ・・・・・・・大さじ1 
酒・・・・・・・・・・・大さじ1 
オリーブ油・・・・・・・大さじ1 
バター・・・・・・・・・大さじ1 


1.皮を向いたじゃがいもを
大きさを揃えるようにカットし、
(一片20gくらいに)水をはった
鍋に入れて水から茹でる。

2.沸騰してきてから約5分茹で、
竹串がスッと通る程度に茹だったら
お湯を捨てる。

3.じゃがいもが暑いうちにバターを入れ、
塩、胡椒も加えてマッシュする。

4.好みの粗さにマッシュできたら
マヨネーズ、酒、オリーブ油
を入れてよく混ぜ合わせる。

5.最後に明太子をスプーンで薄皮から
削ぎ落とすように剥がして加え
粒を潰さないように混ぜたら完成。


じゃがいもと明太子好きの主人は
大絶賛でしたよ〜💕

美味しそうにたくさん食べる人が
家にいてくれるといろいろと
作りたくなってしまって
作り置きが増えてしょうがないです。

この間も作るのストップ、
かけられました(笑)



越してきた所は、都心より2℃低いそうです。
(居酒屋で仲良くなったおじちゃん情報)

今年はぽかぽか暖かい冬だな〜
と思っていたらいきなり
凍えるような寒さですね。

バルコニーで鍋したいね〜
とかこの前まで言ってたのに

もう無理!寒すぎ!(笑)

IMG_20181213_221600


【材料】2人分
にんにく・・・・・・・3かけ
コチュジャン・・・・・大さじ1 
豆板醤・・・・・・・・大さじ1 
味覇・・・・・・・・・小さじ1 
味噌・・・・・・・・・大さじ2 
醤油・・・・・・・・・大さじ1 
塩・・・・・・・・・・小さじ1/2
水・・・・・・・・・・1リットル
酒・・・・・・・・・・大さじ1 
ニラ・・・・・・・・・1わ
ネギ・・・・・・・・・1本
豆腐・・・・・・・・・1丁
すりごま・・・・・・・大さじ1 


1.鍋に水と味覇を入れて沸かし、
コチュジャン、豆板醤、味噌を溶く。

2.更に醤油、塩、酒を入れて混ぜたら
にんにくをすりおろして入れる。

3.豆腐を大きめにカットして鍋に入れ、
3分ほど煮立たせる。

4.ニラを3cm幅、ネギは斜めにスライスし
煮立った鍋に投入する。

5.再度沸騰してきたら火を止めて、
すりごまを入れて混ぜる。


スンドゥブチゲスープのはずが
この日は鍋になってしまいました(笑)

かさ増しでもやしと、
安くなってた旬の牡蠣を入れています。