モテるためには料理!?

誰でも楽しく簡単に!豪華に見えるおうちごはん。 ゆるく楽しく、豆知識も折り込みながら更新します。

Cpicon なつかしの味!きんぴらごぼう by モテ料理のかりそ

料理ブログ再開の、記念すべき初投稿は
初めて火と包丁を使って作った料理ということで
ごぼうのきんぴら

たしか7歳か8歳くらいの時。
ねこの手よ!と母に怒られながらごぼうと人参を
必死に切ったのを思い出す一品です。

(当時は1時間以上かかりましたが)
30分もあれば他の料理をしながらでも作れます。
とても簡単なので初心者にもおすすめ!


1521534086643



【材料】4人分
  • ごぼう············1本
  • にんじん………1/3本
  • 豚ひき肉………100g  
  • 砂糖……………大さじ2
  • お酒……………大さじ3
  • 水………………50cc
  • しょうゆ………大さじ3
  • ほんだし………少々  
  • ごま油…………適量  
  • ごま……………適量

1.ごぼうとにんじんを千切りにする。
 ☆ごぼうはアクが強いので切ったらすぐお水にさらします
 ☆指先もアクで茶色くなるので笹がきにするのもオススメです

2.深めのお鍋にサラダ油を大さじ2杯ほどしき、ひき肉をヘラなどでパラパラに炒める。
 ☆火加減は5まで中火です

3.ごぼうを水から引き上げ、サッと水を切って2の鍋へ。ヘラで底からザックリ混ぜながら炒める。

4.ごぼうの表面が透き通ってきたらにんじんを更に加えて炒める。

5.砂糖、酒、ダシを加えて野菜になじませるように1分ほど混ぜながら炒める。

6.醤油と水を加えてさっくり混ぜたら火を弱め、5分ほど蓋をする。

7.ごま油をたらして香りをつけ、鍋を傾けて汁気が滲む程度まで水気を飛ばす。

8.お皿に盛ったらごまをパラッとかけて召し上がれ!



はい、ということで、おしまいです。
写真を見てお気づきの方もいらっしゃるでしょう、
ピリ辛なきんぴらもとても美味しく、
ごはんがもりもり!進みます。

鷹の爪(ひとつまみ)を入れるときは、
辛めが好みの方はひき肉と一緒に、
辛さ控えめの場合は人参の前に入れるのがオススメですよ。



広告の配信について

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

また、[モテるためには料理!?]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。

・極度にわいせつな内容を含むもの。

・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。

・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

免責事項

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。